着物を店頭への持ち込みで処分できる名古屋のお店の詳細

> 着物を店頭への持ち込みで処分できる名古屋のお店

着物を店頭への持ち込みで処分できる名古屋のお店

タンスの肥やしになっているだけの古い着物、祖母が着ていたボロボロの着物など、あまり高額買取が期待できない着物は、着物買取専門店に持っていくのに気が引けることもあるでしょう。しかし、処分できればよいと言っても、ただ捨てるには忍びないです。

古い着物のなかにも、まだ手直しして着れるものもあるものですから、やはり着物を買取してくれるお店に引き取ってもらうのがいちばんでしょう。着物買取専門店のなかには、絹素材のみで汚れもシミもない保存状態の良い着物しか買い取ってくれないところも多いです。

そこで、ここではどんな着物でも引き取ってくれるお店を紹介します。思いがけず高額になる可能性もありますし、ほとんど値段が付かないものでも無料で処分してくれますから、利用しない手はありません。

コメ兵

名古屋に本店がある「コメ兵」は、着物だけでなく幅広い取り扱い品目のある大型リサイクルショップです。東は関東から西は九州まで各地に数十の店舗を構えています。店舗によって着物への力の入れ方が違うことも考えられますが、名古屋には「コメ兵名古屋本店きもの館」という着物に特化した店舗を構えているので、高級着物の買取もお任せです。

また、買取だけでなくリユース着物の販売も行います。値段が付かないような古い着物でも無料で引き取ってくれるので、処分したい着物が大量にある方におすすめです。コメ兵にはポイントサービスもあるので、着物以外の品物の購入でもお得に使えます。

たんす屋

着物を始めさまざまな品物を取り扱う全国展開のチェーン店が「たんす屋」です。名古屋には、大須観音近くの大須店、三越8階の「きものミュージアムたんす屋」名古屋栄三越店、タカシマヤ11階の「きものプラス」の3店があります。三越やタカシマヤなどデパートや百貨店に出店するお店ですので、買い物のついでなどに利用しやすいです。デパートの中なので高級呉服店のような敷居の高さもありません。

たんす屋では、着物の買取のほか販売やレンタルなども行っています。着物のバーゲンセールもやっており、格安でリユース着物を購入できるのもうれしいポイントです。たんす屋で高額買取を期待するなら、やはり正絹の着物や帯がいちばんですが、それ以外のウールやポリエステルの素材でも引き取ってくれます。たとえ査定額は付かなくても無料で処分してくれますから、どんな着物でも持ち込めると言ってよいでしょう。

なお、たんす屋では出張と宅配による買取も行っていますが、これらの買取では着物の点数制限があることに注意が必要です。10点以上売りたい着物がある方なら大丈夫ですが、少ない場合は店頭のみの受付になります。なお、査定は時間をかけて行うため、持ち込んですぐに現金を受け取れるタイプのお店ではありません。査定完了までに2週間程度は見ておきましょう。もっともお金にかかわらず着物を処分できればよいというだけの方なら、査定の時間はそれほど問題にならないでしょう。

オフハウス

「オフハウス」は、ブックオフ・ハードオフの系列店であり、ブックオフが書籍、ハードオフが電化製品などを中心とするのに対して、着物、洋服、カバン、雑貨など多数の品物を取り扱います。全国各地に多数の店舗を構えるオフハウスには、愛知県内にも13店舗を数えます。ただし、名古屋市内には名古屋市緑区乗鞍のオフハウス徳重店のみです。オフハウスでは着物の取り扱いが店舗によって異なりますが、徳重店では和服、帯、和装バッグ、浴衣、草履、その他和装小物など幅広く取り扱っています。

高級着物の買取先としてはおすすめしませんが、古い着物を処分したいだけであれば便利な存在です。オフハウスは買い取った商品を店内で再販しており、自分の売った着物がふたたび人の手に渡るのを見届けることも可能です。安い物なら数百円で販売されているように、オフハウスの着物買取では高額を期待することはできませんが、大量にある古い着物を処分するだけなら利用価値はあるでしょう。ただし、店頭買取は混み具合によってはかなり時間がかかることがあります。事前に問い合わせたうえで持ち込むのがおすすめです。

ながもち屋

「ながもち屋」は着物の委託販売店です。全国の百貨店やデパートに出店しており、名古屋には松坂屋名古屋店の本館8階にあります。まだ着れる着物なら売れる可能性があり、たとえ売れそうにない着物でもお店で処分してもらうことも自由です。

通常は、持ち込んだ着物をお店で査定してもらい、販売する値段を決めてお店に預かってもらいます。6か月間のうちに売れれば、設定した価格のうち取り分の現金を受け取れます。6か月間買い手が付かなかった場合は、設定価格を安く見直してまた預かってもらうか、持ち帰るかお店で処分してもらうかです。絹の着物のみが対象ですが、処分したい着物が多い方ならケースバイケースで利用できるお店でしょう。